MENU

無利息で融資を受けられる方法があるって知っていましたか!?

お金を貸すとなぜ儲かるのか知っていますか?そうです、利息が発生するからです。貸した金額、返すまでの時間によって増えていくので大金を長い間借りてもらった方が儲かるのです。逆に言えばそうしないと儲からないのだから利息がつくのは当然のことと言えます。

 

しかし、そんな常識をくつがえす無利息でお金を貸すキャッシングサービスが存在していました。ただより高いものはないと言いますが、その通りでリスクはあります。ですが無利息というのはあまりに魅力的な要素なので、よく知ることで安全に使えるようになるのが良いでしょう。そのための説明をこれからします。

 

実際にはどんな無利息サービスがあるのか

さて、どうして無利息でも金融業者は利益を出すことができるのでしょうか?その謎を明かす答えは、無利息なのが「期間限定」だからです。何日間だけ無利息、だけどその期間が過ぎれば普通の融資よりも高い利率がつくというのが一般的なのです。例を挙げて説明しましょう。新生銀行グループの「ノーローン」では、1週間無利息で融資が受けられ、それも何度でも繰り返すことができるようになっています。

 

しかし、それを過ぎてしまえば利率が9.5〜18.0%と、かなり高い水準になっています。これが無利息融資の大体の相場だと覚えておけば良いでしょう。同じ新生銀行グループの「レイク」では基本が30日間で、5万円以内なら180日間無利息で融資が受けられます。利率は4.5〜18.0%なので「ノーローン」よりお得かもしれません。しかも「レイク」は女性向けである「レディースレイク」とサービスが同じなので女性に使いやすいようになっております。

 

「プロミス」は現在30日間無利息キャンペーンをしており、初めて利用したい方にはとてもお勧めなキャッシングサービスです。プロミスポイントサービスへの加入を条件に、30日間の無利息期間で6.3〜17.8%という利率で借りられます。「ノーローン」よりも無利息期間が長く、利率は低めになっているので現在では最高の待遇のキャッシングサービスになっているのではないでしょうか。

 

無利息融資の使いどころ

一定期間内なら無利息で借りられるこれらのキャッシングサービスですが、実際にはどういう時に借りれば良いのでしょうか。何も考えなしに借りていればいずれ期間外の高利率に多大な負担を強いられるようになっていることは目に見えています。それは給料日や報酬の振込み日など、収入の金額とそれが入る日が分かっている時です。そういう時は期間内に返済できないということはないでしょう。一定期間内なら無利息でお金を借りられるというのは使いこなせればとても便利なサービスです。ぜひ上手に使いこなして豊かな生活を送ってください。

 

一ヶ月間無利息のサービスを十二分に有効利用するために知っておくべきこと

キャッシングを行う際に利用すると、とても便利なものに、無利息キャッシングがあります。無利息キャッシングは、一定の期間の間に返済を済ませた場合、金利を払うことなくキャッシングが出来るサービスをいいます。一定の期間内であれば金利がかからないというのは、キャッシングを行う利用者にとってこれ以上ないほど、お得なサービスであるといえます。

 

しかし、一定の期間が過ぎれば、通常通りの金利がかかるわけですから、返済計画をきちんと立ててキャッシングに臨む必要があります。一定期間無利息の期間はどの程度でしょうか。無利息キャッシングで有名なのは、プロミスです。プロミスは業界最大手の一つで、知名度も高く、分かりやすい利用法で、初めての方にもお勧めです。プロミスの無利息キャンペーンは、初回につき30日間無利息というプランで、金利も他の無利息キャッシングに比べると低く抑えられています。

 

30日間無利息でキャッシング出来るというのは、利用者にとって非常に有利ですので、上手に利用することをお勧めいたします。また「レイク」も30日間無利息キャッシングがあります。さらに小額の借入れを行う方にとって嬉しいサービスが、5万円までのキャッシングに対する180日間の無利息期間です。六ヶ月という長期間にわたる無利息期間を利用しない手はありません。

 

あわせて「レイク」は、女性の方専用の無利息キャッシングプランを用意しています。女性の方のニーズに沿ったプラン内容となっていますので、女性の方は、まずはこの女性専用のキャッシングから検討されるとよいと思われます。以上の二つ、プロミスとレイクの無利息キャッシングは、初回一回に限り有効なサービスですので、二回目からの借入れに関しては適応されません。

 

それゆえ、この無利息期間を最大限有効利用するように計画を立てる必要があります。これに対して、新生銀行グループの無利息キャッシング「ノーローン」は無利息になる期間は一週間と短いもの、返済して再び借入れするごとに、何度でも繰り返しこの無利息サービスを受けることができます。繰り返し借入れ・返済を行う方にぴったりとプランであるといえます。このように各社の無利息キャッシングにはそれぞれ特徴がありますので、これらの違いをよく知り、ご自分の都合に合わせたキャッシングを行うことが肝心です。

知っておこう!無利息のキャッシングの期間と使い方!

無利息キャッシングは、利息がゼロで借りられるという非常に魅力的なものです。ただし、いつまでも無利息で借りられるわけではなく、業者やサービスによってその期間は異なっています。決められた期間の間に返済することができれば利息はゼロとなりますが、一方でその期間を過ぎると金利はやや高くなるという仕組みです。また、何度も利用できる場合とそうでない場合もありますので、使い方には注意が必要でしょう。

 

無利息の期間は1ヶ月

無利息の期間が1ヶ月となれば、ある程度長いと感じるかもしれません。そのような無利息キャッシングを行っているのが、プロミスです。これまでプロミスを利用したことがないという人であれば、まずプロミスの無利息キャッシングを考えてみるのが良いかもしれません。プロミスの無利息キャッシングは、30日間という期間が無利息の期間となっており、さらに金利も比較的低いものとなっています。

 

初めてプロミスを利用するということとポイントサービスへ加入するという条件がありますが、その条件をクリアできるのであれば、非常に魅力的なものであるといえるでしょう。また、同じく大手のレイクでも無利息キャッシングがあります。レイクの無利息キャッシングは、期間が長く180日間と設定されています。ただし、借入できる額は5万円までとなっており、こちらも初めて利用する場合という条件があります。女性用のレディースレイクにも同じような無利息キャッシングの仕組みがありますので、女性の人も安心して利用することができるでしょう。

 

条件が少ないと期間も短い

初めての利用という条件がなく、何度でも無利息キャッシングが利用可能となっているのが、ノーローンです。ただし、ノーローンは期間が一週間と短くなっていますので、返済できるかどうかというタイミングが重要になってきます。無利息の期間と利用できる条件などをうまく考えたうえで、賢く利用するようにしたいものです。

知って驚きのメリットがある消費者金融カードローン

カードローンを利用するにおいて、低金利であるということは一番重要なポイントです。金利に関しては、やはり銀行系カードローンの人気が高く、カードローンの利用を考えている人の殆どがまず銀行系を希望するでしょう。一方、消費者金融は、銀行に比べて金融機関としては基本的な部分で一歩遅れていると言えます。

 

金利の面に関して比較すれば分かることですが、銀行は当初からお金が集結する場所です。巨大規模であることは間違いなく、その他の企業とは格が違います。その為、ローンというビジネスを展開するのはごく自然の流れなのです。消費者金融は、一般企業であるに過ぎず、金融商品を取り扱う為大規模になりますが、銀行とはレベルが違うと言えましょう。

 

「サラ金」という言葉により、まだまだ金融機関に良いイメージはありませんが、もしも以前のままならば今まで生き残っているはずはありません。金融機関には、銀行にはないメリットもあるはずなのです。

 

独自のスタイルのある消費者金融

確かに消費者金融カードローンは、金利や限度額で銀行よりは劣っているでしょう。しかし、だからと言ってメリットがない訳ではありません。カードローンを選ぶ際には、基本的な条件だけではなく、独自のサービスにより思わぬ利用価値があるかも知れないことも考慮しましょう。

 

消費者金融の最も大きなメリットは、審査がとにかくスピーディなことです。これは、審査に必要な条件や過程が銀行に比べて簡素化されていることによるものです。何らかの事情により一刻でも早く借入れをしたいという人にとっては、その速さだけで充分に価値があるものになるでしょう。次に、消費者金融はキャンペーンが多いというのもメリットです。時期により様々なキャンペーンを行っていますが、一番多いのは金利に関するものです。

 

一定期間金利を引き下げたり、更には一定期間無利息といったキャンペーンもあります。すぐに返済の見込みがある人にとっては、金利無しで利用できる可能性もあるということです。審査がスピーディで、利息が特になるキャンペーンを利用できるとなると、短期間、急にまとまったお金が必要な時のメリットは銀行良り遥かに大きくなるのです。

 

消費者金融をもっと身近に

消費者金融には金利などの面で銀行に比べて劣っているとしても、独自のスタイルにより充分魅力的であり、必要に応じて銀行と使い分けることにより、賢く利用できるものです。審査も銀行に比べて厳しくなく、迅速に対応できるとあり、お急ぎの人の為の駆け込み寺のようなものでしょう。常に借り入れを繰り返すという場合を除き、時折単発で借入れを行うのならば、消費者金融でも安心なのです。

主婦が利用できる無利息キャッシングとは?

最近のキャッシングは、決して正社員ではないと借りられないという決まりになっていません。多くの場合は20歳以上であることと安定した収入を得ていることを満たしていれば、キャッシングに申し込めるようになっているのです。つまり、主婦だからと言ってキャッシングの利用を諦める必要はないのです。主婦ということは、女性です。

 

女性が利用するキャッシング商品は、レディースローンと呼ばれる商品の中から選ぶと良いかもしれません。これは女性専用のキャッシング商品なので、初めてキャッシングを利用する主婦の方にも手を出しやすいという利点があります。さて、ここで気になるのがキャッシングの金利です。キャッシング商品を扱う金融機関にとって、金利はとても重要なものです。金利によって利息が生じ、それが金融機関の利益に繋がるからです。その為、基本的には無利息で利用できるキャッシング商品は存在しないということになります。

 

ところが、使い方次第では主婦の方が無利息でキャッシングを利用することも不可能ではなくなるのです。これにはいくつかの注意点があります。まず、無利息でキャッシングを利用するには、金融機関によって提供されている無利息期間サービスを活用することになります。無利息期間は金融機関によって異なりますが、1週間程度に設定されていることが多いです。この期間中に完済することができれば利息がかからない仕組みなので、完全に無利息でキャッシングを利用するなら、無利息期間中に返済できるような計画性が必要になります。

アコムの消費者金融としてのありかた

消費者金融最大手のアコムは、知名度も高く、消費者金融の中では老舗的な存在といえます。

 

アコムの前身が質屋だったことはご存知ですか。この質屋はなんと創業1947年、神戸にある呉服店主によって起こされました。この質屋が社名を変更し、1978年にはじめてアコムという社名の消費者金融として生まれ変わりました。

 

ここから順調に成長し、1993年には店頭売買有価証券市場に登録されるという快挙を果たしました。さらに優良企業として東証二部に株式上場を済ませました。その後も消費者金融大手としての位置付けを維持し続けたアコムは、これまでの実績と人気を核として社会的な信用も勝ち取り、2008年からは三菱UFJフィナンシャル・グループの連結小会社として成長を続けています。

 

アコムはまたメディア戦略も効率的で、これまでのいわゆるサラ金業界につきものだった「暗く、後ろ暗い」ネガティブな印象を大きく払拭しました。平成元年から使われたキャッチフレーズ「はじめての、アコム」や、消費者金融のコマーシャルとしてはこれまで考えられなかった戦略、若者に人気のあるタレントの起用などによって、消費者金融の新しい流れを作りだすことに成功しました。

 

加えて店内を明るく、女性の利用者でも立ち寄りやすい雰囲気に変えることにより、利用者層が大幅に拡大したといっても過言ではありません。

 

現在発行されている「ACカード」、この名称にもアコムの脱サラ金路線の戦略が感じられます。アコムという社名を利用したカードよりも、この新しいカード名のほうが、利用者がより安心して使えるとの配慮なのかもしれません。アコムのクレジットカード「アコムマスターカード」は、キャッシング機能も付いたカードで、こちらを今でもアコムという名前を前面に打ち出しています。

 

さてアコムはメインの業務である融資以外にも、複数の銀行のカードローンなどの信用保証業務を請け負っています。どのようなローンの信用保証業務を行っているかというと、たとえば無担保ローン、事業用ローンなどがあります。アコムにこの信用保証業務を委託している銀行の中には、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行などですが、このように銀行が、アコムに信用度保証の業務を任せる理由は、アコムがこれまで蓄積してきた無担保融資に関する知識やノウハウが、業界の基準になるほど確かなものであるからです。

 

もちろん消費者金融はあくまで消費者金融であり、銀行とは違います。しかしアコムは自らを健全な優良企業とすることに全力を尽くし、従来のサラ金業界にありがちだった裏の世界との関わりを絶ち、消費者金融をリードする存在として最大手の位置をキープしています。

 

このように社会的信用度の高い消費者金融ですので、キャッシングの審査においては、他の消費者金融の審査よりも厳しい審査が行われますので、申し込みに当たっては、アコムの基準を満たしている必要があります。